レンタルトラックも使って引越し費用を安く抑える

過去に引っ越しを何度かしてきましたが、経験上引っ越しに大事なのは引っ越し当日までの荷造りと段取りだと思います。

段取り次第で当日、もしくは引っ越し終了後にすぐに新生活をスタートさせる事ができるかどうかが決まってきます。

まず、新居が決まって始めにやる事と言えば現在の家にある荷物の荷造りです。

荷造りに必要な段ボールですが、これはわざわざホームセンターに買いにいかずともスーパーやドラッグストアで無料で貰えるコーナーが設けられています。

そういったコーナーが無くても、店員さんを捕まえて貰えないか交渉してみましょう。

比較的小物等小さな荷物を入れる段ボールが欲しいならスーパーへ(野菜果物入荷用の小さな段ボールが多い)、衣服や台所用品等荷物を多く詰め込みたい場合はドラッグストアへ(ティッシュやオムツ入荷用の大きめの段ボールが多い)行くと良いです。

荷造り時は、段ボールにジャンルで分けて荷物を詰め込みましょう。

部屋分け、荷物分けでも何でも自分が後々分かりやすいように記載しておくと良いです。

こうすることで運び込み時にスマートに荷物の運搬ができる上、後々荷物を出すときにわかりやすくなります。

引っ越しと言うと、業者さんに依頼する事でかなりお金がかかってしまうのではないかと心配になりがちです。

依頼をする業者さんや、荷物の量等によって金額は変わってきますがそれでもどうしても5万円以上はかかってしまいます。

少しでも引っ越しにかかる費用は削減したいものだと思います。

そうなると、必然的に自分達の労力を使ってコスト削減を試みるしか方法はありません。

例:アパート→アパートへの引っ越し 業者依頼せずレンタルトラックでの運搬流れですが、まず契約の段階で入居できる日にちを確認して起きましょう。

うまく現在の家の家賃と転居先の家賃がかぶらない様に契約する事もコスト削減の一つです。

そして、確認が取れたら生活に必要最低限のものだけを荷造りしておいて、入居当日まで待ちます。

前もってレンタルトラックを1日レンタルします。

軽トラではなく、できるだけ大きめのもののほうが良いです。
現住所と転居先の行き来が少なくて済みます。

レンタルトラックはオートマのもののほうが楽です。

1日レンタルでも1万円以内で済むので、半日と言わず1日レンタルしておきましょう。

人数は3~4人男が要れば十分です。

引っ越し後のお礼も忘れずに。
焼き肉等は喜ばれます。

ここまでで考えても引っ越し費用だけで2~3万円以内で済みますね。
ただ、体力は本当に消耗しますので、体力に自信のないかたはお金をかけてでも業者さんに依頼する事をオススメします。

サカイ引越センターさん等では節約プラン等お安い価格で依頼を受けてくれます。
引越し 費用 相場